SQLWorkbench/Jを使用してJDBC経由でGridDBに接続する方法

GridDB CEはバージョン4.5以降、JDBC経由のSQLのサポートを開始しました。これによって、JDBCをサポートするアプリケーションを構築することが可能になりました。このブログでは、SQLWorkbench/Jを使い、簡単なSQLクエリを使ってGridDBに格納されたデータを表示する方法を紹介します。

ここでは、クイックスタートのガイドに従ってGridDBサーバを起動していると想定して、GridDB JDBCドライバを構築するところから説明します。

GridDB JDBCドライバの構築

$ sudo yum -y install java-1.8.0-openjdk-devel
 $ git clone https://github.com/griddb/jdbc.git griddb_jdbc
 $ cd griddb_jdbc
 $ ant
 $ sudo cp bin/gridstore-jdbc.jar /usr/share/java/

使うGridDBの設定によっては、JDBCSelect.javaを編集して、クラスタ名、ユーザ名、パスワードなどの設定パラメータを修正する必要があります。特にクラスタ名は「myCluster」となっていますが、多くのGridDBのドキュメントでは「defaultCluster」が使われています。それではサンプルを実行してみます。

$ cd sample/en/jdbc/
$ javac JDBCSelect.java
$ export CLASSPATH=:/usr/share/java/gridstore-jdbc.jar
$ java JDBCSelect
SQL Create Table name=SampleJDBC_Select
SQL Insert count=5
SQL row(id=3, value=test3)
SQL row(id=4, value=test4)
success!

SQLWorkbench/J のダウンロードと実行

まず、ダウンロードページからSQLWorkbench/Jの実行ファイルをダウンロードして解凍します。


$ wget https://www.sql-workbench.eu/Workbench-Build125.zip
$ mkdir sqlworkbench
$ cd sqlworkbench
$ unzip ../Workbench-Build125.zip
$ chmod +x *.sh

これでコマンドラインSQLWorkbench/Jを実行できるようになりました。

$ ./sqlwbconsole.sh

これで、WBConnectコマンドでGridDBに接続することができるようになりました。次に、以下に示すように、ドライバのクラスパス、JARファイル、JDBのURL、ユーザ名、パスワードを設定します。

SQL Workbench/J (125) console interface started.
 Enter exit to quit.
 Enter WbHelp for a list of SQL Workbench/J specific commands
 Config directory: /home/owen/.sqlworkbench

 SQL> WbConnect -driver=com.toshiba.mwcloud.gs.sql.Driver -driverJar=/usr/share/java/gridstore-jdbc.jar -url=jdbc:gs://239.0.0.1:41999/defaultCluster/public -username=admin -password=admin
;

 Connection to "User=admin, URL=jdbc:gs://239.0.0.1:41999/defaultCluster/public" 
 successful

SQL> select * from SampleJDBC_Select;

id | value
---+------
 0 | test0
 1 | test1
 2 | test2
 3 | test3
 4 | test4

(5 Rows)
SELECT executed successfully

 SQL> 

上記のSELECT文は、サンプルアプリケーションで作成したデータを読み込みます。

グラフィカルなSQLWorkbench/J

$ ./sqlworkbench.sh

SQLWorkbenchが起動したら、まず新しい接続ウィンドウを閉じてGridDBドライバを追加します。これは File->Manage Drivers メニューから行うことができます。

まず、ドライバの名前を 「GridDB 」などと入力し、ファイル選択ダイアログでJARの場所を探して入力します。この例では/usr/share/java/gridstore-jdbc.jarで、クラスパスが自動入力されました。

GridDBドライバを追加したら、File->Connect Windowに移動するか、Alt-Cキーを選択します。接続ウィンドウ内で「Local GridDB 」などの接続名を設定し、DriversのドロップダウンメニューからGridDBを選択します。URL には、標準的な GridDB のインストールに適した jdbc:gs://239.0.0.1.1:41999/defaultCluster/public を使用し、ユーザ名とパスワードは gs_passwd で設定します。

上記のフィールドをすべて埋めたら、「テスト」ボタンをクリックして、すべてが正しく設定されていれば、「Jdbc:gs://239.0.0.1.1:41999/defaultCluster/publicへの接続が成功しました。」というダイアログが表示されるはずです。

ここでは、Statementのテキストフィールドにselect * from SampleJDBC_Selectと入力し、再生ボタンをクリックしました。これでJDBCSampleで書き込まれたデータがクエリされます。返された行は、Resultsタブのグリッドに表示されます。

以上で、GridDBを使ってSQLWorkbench/J SQLを使う方法を簡単に紹介しました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.